ひとり

ひとりでいることが 多くなると 慣れてきた
髪を切って ブスになった
諦めることが 増えて
受け入れることが できなくて
ここに でも いる
生きて きている

[PR]
# by sakochiyako | 2015-08-20 22:53 | 短歌によせて

酒浸りの休日

幸せってなんだっけ ?人並みに夫と仲良く過ごすことか?確かに義理の妹夫婦は
仲良さそうだ。みんなと同じ安心感があるのだろう。けど、アタシは違う。お酒が飲めること、今だけでも飲めることそれでもういいのさ。大きなことは望まない。

[PR]
# by sakochiyako | 2014-11-23 17:32 | のんびりしたとき思うこと

明日香へ

言の葉のゆかしき風に誘われておぼつかぬ手でナビを探りぬ
暫くは道なり話す相手ミスチルミラーの私
同じ屋に離れて暮らす幾年も人からみれば睦まじと思ふ
カラダは元気で
働いている

[PR]
# by sakochiyako | 2014-09-15 16:58 | 短歌によせて

酔っぱらって

 酔っぱらってこのブログを書いています。忙しすぎて(気持ち的に)たまらなくなってこんなことをしています。



 語らひて触れし小指の思ひ出を悲しみ越えて独り占めせむ
[PR]
# by sakochiyako | 2013-11-03 18:17 | のんびりしたとき思うこと

東京ひとり

かひなくも後追ひしひとカプチーノ飲みて思ほゆ東京ひとり

自由とはひとりそうこれからもそうさてどれにするひかりのぞみこだま

真夜の地震道路も全て赤となり霞ヶ関は働いている

これからもいつもの日々が始まりぬ歪なままの相生結び

結論はいつまでもなくオリオンはますます高く雪青白く

誰がためと言えなくていいピアソラに試されている四月の覚悟

羽折れて流されつつも蛍の光るいのちの美しきかな

再会に沸き出づるもの終になく合歓の木の人それきりにする

唐突に生くか死ぬかの狭間へと地球は問ふか波線続きぬ

震災の報道できぬおこなひを静かに語る瞳美しき人
[PR]
# by sakochiyako | 2011-08-26 18:04 | 短歌によせて

少し痩せた

ジムに通い出して甘い物をあまり食べなくなった・・するとあれよあれよといううちに3キロほど痩せてきた。努力すれば、努力しただけの結果があるのは、私にとっては、体重だけなのだ。思い通りになるのは、体重だけ・・そして、明日もまた走る。
[PR]
# by sakochiyako | 2009-11-07 16:46 | のんびりしたとき思うこと

今日は厄日

 今日ほど疲れた休日はなかろう。朝からパソコンのトラブルであちこちに電話で指示を仰ぐ。それだけで午前中は終了した。歯医者に行けば予想外に麻酔注射をいきなりされて・・・麻酔はなかなか切れず口元はずっとゆがんだままだ。ゆっくりするはずだった最後の一日だたのにいついていない。明日からハードな激務が始まる。
[PR]
# by sakochiyako | 2009-01-07 21:17 | のんびりしたとき思うこと

俳句なんだけど・・・

ざざ降りに置いてけぼりの蝉が鳴く
君を待つ花火の後の天の川
夕鐘に追われて蝉も鳴き尽くす
オリオンの横たふ山の静けさや
[PR]
# by sakochiyako | 2008-12-29 22:08 | 短歌によせて

師走の旅路

薄い愛でも赤い色あるウェブの糸手繰ってみたし聖なる夜は
鼓膜へと空間縮むトンネルを抜けてやさしき三輪山に会ふ
まほろばの大和の国の駅の名を慈しみつつ悉く過ぐ
得意気に英単語を言ふ幼斜めに見遣り手繰る語句あり
年を経て急く側となり絵手紙の隅に込めたるメルアド記す
薄き糸と思ひしメアドの返信は急にざらつくカップの砂糖
深き息吐きて賀状のメール読むメアドの女名に目がゆく
度重ねてもメールは唯の薄き糸冬の水面に月渡りゆく
ダブルターン暫し遅れて現実が追ふ現実を追ふを楽しむ
ウェーブが四肢のリズムとなるときに鏡の中の別の吾と会ふ





 大阪までの特急は様々な風景を映し出す。山深い棚田に鮎泳ぐ清流、すぐトンネルの後、三輪山の鳥居が出迎える。そして、缶コーヒー飲み干す間に、ビルの谷間から着陸間近の飛行機が見えてくるのだ。そんな風景をだあれも見ていない。みんな家族や友だちと出かけているからだ。それはそれで、微笑ましい。独り指定席は、個室気分になれて作歌に集中できる。そんな風に思うことは、決してひがみではない。(?)幸せではないが、不幸でもない。
[PR]
# by sakochiyako | 2008-12-28 08:22 | 短歌によせて

やっと飲めたモエ

半年ぶりの酔っぱらいだ。めったに飲まないが、今日は飲んだ割にはわりと元気だ。飲むといい歌が詠める錯覚に陥る。バカである。
[PR]
# by sakochiyako | 2008-12-27 21:22 | のんびりしたとき思うこと